水漏れが発生してトイレの床が濡れている

トイレに入ったら床が濡れていた場合には、水漏れが発生している可能性があります。この場合には原因の究明を急がないといけません。冬場などは結露が原因である可能性も高いので、水漏れかどうかを確かめるため、1度水を流してみましょう。

■タンクの外部が破損

トイレの床が濡れている場合、タンクの外部が破損している可能性もあります。1度水を流してみて、タンクから水が垂れてくるようであれば、外部が破損しています。どこから漏っているのかを確認し、早急に業者へ連絡をして修理をしてもらいましょう。外部の破損はどこの部分であっても、応急処置をすることは可能ですが、自分で修理をするのはまず不可能です。漏れが酷い場合には、止水栓を止めて水が垂れてこないようにしないと、水道代が高くなります。

■便器の外部が破損

タンクの外部から水が漏れている場合には、上から水が垂れてくるのでわかりやすいでしょう。しかし、水が便器を伝って流れてくる場合や、床と便器の接続部分からわき出てくるような場合には、便器の外部が破損している可能性が高くなります。この場合にも自分で修理をするのはまず不可能なので、業者に状況を説明し、早急に来てもらうようになるでしょう。応急処置の方法は基本的に全て一緒で、止水栓を止めてしまうのが最もよい方法です。

■まとめ
トイレの外部破損は、自分で修理をすることはできない場合が殆どです。タンクでも便器でも対処法は一緒なので、まず水漏れしている箇所を確認してから止水栓を止めます。その後早急に業者へ連絡をして、急いで修理をしてもらいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ