最近増えているトイレの水漏れ箇所

昔は無かったのに、現在では多くなっているトイレのトラブルがウォシュレットの水漏れです。昔はなかったウォシュレットですが、最近では当たり前のように見られるようになりました。

■ウォシュレットの水漏れは発見しにくい

ウォシュレットの水は便器に流れてしまう上に、直に黙視することがないので発見するのが難しい部分になります。どのようなトラブルが起こりやすいのかというと、水の勢いが弱くなってくる場合や、水が出る部分以外の場所から水が出ていることです。水の勢いが弱くなっている場合には、詰まっている可能性が高いでしょう。別の部分から水漏れがある場合には、ウォシュレットの破損が考えられます。発見したらすぐに業者へ連絡をしましょう。

■自分で修理するのは難しい部分

トイレのトラブルは、自分で修理するのが難しい部分だと言えるでしょう。特にウォシュレットは自分で修理するのは不可能に近いと言えます。ウォシュレットは独自の電源が設けられているので、止めることも好きなときに出すことも可能です。頻繁に行う必要はありませんが、ある程度古くなってきたら、月に1度ぐらいはチェックしてみるのがよいでしょう。自分でいじると余計におかしくなる場合があるので、業者に連絡をして来てもらうようにするべきです。

■まとめ
ウォシュレットは水漏れが発見しにくい上に、自分で修理するのが難しい部分になります。使用していて普段と何か違うような気がする場合には、念のためにチェックをしておきましょう。早期発見ができれば、それほど修理代が高くなることはありません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ