トイレで水漏れしたときの応急処置

もしトイレで水漏れが発生した場合には、まず自分で応急処置を行いましょう。これは素人でも簡単にできるので、必ず行うべきことなのです。水が漏れているのにそのままにしておくと、水道代がかなり高くなってしまいます。

■止水栓をひねって止めておく

トイレの水は常に流れているわけではありません。タンクに水がある程度溜まると、それ以上水が流れなくなる仕組みです。逆に水が少なくなると、勢いよく流れるように作られているので、水漏れを放置しておくと水道代がかなり高くなることも珍しくはありません。そこで行うべき応急処置は、止水栓と呼ばれている水道の開け閉めを行うバルブを閉めることです。そうすれば水が流れなくなるので、業者が来てくれるまで垂れ流しになることはありません。

■止水栓が見当たらない場合の対策

通常どこのトイレであっても、必ず止水栓というのは取り付けられているのが一般的です。しかし、見つけにくい部分に取り付けられていることも多いので、どうしても見つけられない場合には、家全体の水道を止めるようになるでしょう。どのようにして止めるのかというと、水道メーターの近くに家全体の水を止めることができる止水栓が取り付けられています。これをひねると水を止めることができるので、その後は早めに業者に依頼をして、きちんと修理をしてもらいましょう。

■まとめ
トイレの水漏れが発生したときの対処法は、止水栓をひねって水を止めるだけです。ユニットバスの場合には、浴槽や流しの水も一緒に止まってしまうかもしれませんが、修理をしてもらうまでは我慢しましょう。これは誰でも簡単にできることなので、覚えておくといざという時に安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ