トイレの仕組みを知れば水漏れが直しやすい

トイレの水漏れが発覚した段階で、その場に業者がいるわけではありません。連絡をして来てもらうまでは、自分で対策を講じる必要があります。もしくは自分で改善しようとする人もいるでしょうが、まずはトイレの仕組みを知らなければ何もできません。

■水が流れる仕組みを理解しておく

トイレの水がどのようにして流れているのかを知っておけば、自分で修理が可能なのか、可能な場合にはどうすればよいのかが分かります。トイレというのは水道管から水が流れ込みますが、止水栓によって流量を調整することができます。タンクに水が溜まると浮き球が上がってきて水位を調整してくれるのです。レバーをひねるとゴムフロートが上がり、一気に便器へと水が流れる仕組みになっています。部品の名称と仕組みがわかるだけでも、原因の特定や修理がしやすくなるでしょう。

■自分で修理できるかできないかを判断する

トイレの水漏れは、自分で修理できるかできないか判断することが大切です。先ほど説明した仕組みですが、交換部品はゴムフロートぐらいなので、他の部分が原因の場合には、自分で修理をするのが難しくなります。水漏れの原因が部品ではなく、タンクや便器自体にある場合には、自分で修理することは不可能だと言えるでしょう。トイレの交換の可能性も考え、この場合には止水栓を止めておき、早急に業者へ連絡をしましょう。そうしないとトイレを使用することができなくなってしまいます。

■まとめ
トイレは頻繁に使用するので、水漏れで使えなくなってしまうと困ります。もし自分で修理できないと判断した場合には、365日24時間対応してくれる業者に依頼するべきです。業者はトラブルが発生する前に探しておくのがおすすめできます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ