トイレタンクの内部が原因で水漏れ

よくトイレの水を流した後に、水が垂れる音がずっと続いているという現象を経験した人もいるでしょう。これはタンクの内部に原因がある場合があります。タンクの内部には栓があるので、栓を交換することで改善されることもあるのです。

■栓の交換なら自分で可能

トイレの内部に不具合がある場合には、大半がタンクの中にある栓に問題がある可能性が高いでしょう。ゴムがすり減ってくると、水を止めることができずにポタポタと垂れ続けてしまうことがあるのです。このような場合の対処法は、ホームセンターやオンラインショップでタンクに使用する栓を購入し、交換すれば改善されることもあります。交換は自分で行うことも可能ですが、賃貸住宅の場合には無料で交換してくれるので、依頼した方が無難です。

■タンクの栓を交換する方法

トイレタンクの内部に不具合が発生し、栓を交換しようと思ったけれど、どのようにすればよいのかわからない人もいるでしょう。そこで簡単に交換方法の説明をします。まずはトイレの水を止めるために止水栓を閉めます。タンクの水を抜いてから栓を交換しましょう。この栓をゴムフロートと呼びます。ゴムフロートの劣化や目減りが水漏れの原因ではなく、鎖が絡まっている場合や、ゴミがこびり付いているのが原因の可能性もありますのでよく確認してから行うことが大切です。

■まとめ
水漏れの原因がゴムフロートでなく、鎖が絡まっていたり、ゴミが挟まっていたりすることが原因である可能性もあります。交換をする前によく確認をしておかないと、まだ使用できるのに、無駄に交換してしまうことになるので注意しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ